充電式フレッシュスロージューサーSlimでコールドプレスジュースをつくってみた

効率よく栄養を摂取したい!

数年前に流行ったコールドプレスジュースで短期ファスティングダイエット、、
当時、流行にのって表参道に買いに行って2日間コールドプレスジュースだけで試してみたけど
2日間分で12000円…高かった……
でも身体はすっきりしたし、もう一度やりたいと思いつつも値段が高いので
「また今度、、!」と思っているうちに今日まで来てしまった…

ちなみにコールドプレスジュースとは

”スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーで
材料に熱を加えず(コールド)、強い圧力をかけてすりつぶして(プレス)
搾ったジュースのことをコールドプレスジュースといいます。”
参照「FARMERS’ JUICE TOKYO」https://www.farmersjuicetokyo.com/smoothiejuice

ということで「スロージューサー」という機械を使えば自宅でコールドプレスジュースが作れるのです。

自宅でコールドプレスジュースが作れる?

今回使ったのはサンコーの「充電式フレッシュスロージューサーSlim」!
クビンズやヒューロムの家庭用スロージューサーが4~5万円なのに対し、圧倒的に安い…!
専門店で買う1日分のジュース代と同じなのでコスパ良すぎない??
さっそく試してみました。

充電式フレッシュスロージューサーSlim 充電式フレッシュスロージューサーSlim
コールドプレスジュースが作れる
・充電式で卓上サイズ ・専用ブラシ
・専用巾着袋つき
¥5,980(税込) 商品詳細を見る

 

まずは下準備から!

下準備中
下準備中

近くのスーパーに走り、買ってきた野菜と果物。
とりあえず、皮をむいて適当なサイズに切って、、、、
本体に投入するだけ!

①青汁ジュース風

どんどん入れてみる
どんどん入れてみる

まずは、ほうれん草とリンゴとライムで
青汁のような健康的なジュースの完成!!

★完成★
★完成★

リンゴがほうれん草の土臭さを消してくれるので飲みやすい!!
水分を全く入れてないのにしっかりジュースになっています。
ほうれん草からこんなに水分がでるなんてびっくり。

Yさん作、ほうれん草のソテー
Yさん作、ほうれん草のソテー

栄養分をしぼったほうれん草の繊維が残ったので
これを炒めてほうれん草のソテーを作ってくれました。

②トマトジュース

次はトマト

ちょっと滑って入れにくい、、
ちょっと滑って入れにくい、、

飲みやすいようにお塩とライム果汁を少し入れて飲みました。
不純物ゼロの100%トマトジュース!

 

★完成★
★完成★

 

市販のトマトジュースて実は糖分や塩がしっかり入っていたりするので
これなら余分な調味料が入ってないので安心です!

③柿ジュース

そろそろ果物ジュースが飲みたかったので
柿とリンゴでつくってみました。

★完成★
★完成★

おいしい…!!
果物の甘さだけでこんなに甘いとは!!

④ミックスジュース

最後はミックスジュース!
キウイ・バナナ・リンゴ・柿・黄桃・ライム少々

楽しかったな~
みんなで美味しくいただきました★


好きなフルーツ詰め込みました。
味は文句なし!おいしいミックスジュースが出来ました!

番外編

にんじんは硬くてジューサーでは出来なかったので、ミキサーでやってみましたが
水分を入れなくてはいけないので、ムダに量がたくさん出来る、、
飲んでみましたが、ざらざら感がとても残るので飲みづらいなーと思っちゃいました。

後片付けもラクラク♪

専用ブラシでゴシゴシ
専用ブラシでゴシゴシ

専用のブラシがついているのでこれで内側についた野菜の繊維もきれいに取れます。
今回は搾りかすは処分してしまいましたが、餃子やカレーに使ったり、
お菓子に入れたり色んな料理で使い道があるようですね。

気分転換に♪

子供の頃に祖母と一緒にジューサー使ってリンゴジュースつくったのを思い出して懐かしくなりました。
口にする飲み物に何が入っているか把握するってとても重要なことですよね。
ただ買って飲むのもいいですが、自分に必要な栄養素を選んで食材の本来の味を感じながら
身体に取り入れることが出来たので気分がよかったです♪
自宅で家族と楽しみながら、みんなの分を作ることが出来るので
自宅用のスロージューサーとってもおすすめです!!

 

充電式フレッシュスロージューサーSlim 充電式フレッシュスロージューサーSlim
コールドプレスジュースが作れる
・充電式で卓上サイズ ・専用ブラシ
・専用巾着袋つき
¥5,980(税込) 商品詳細を見る